学校に通うためには、学費などの費用が必要になるので、多くの人が教育ローンを利用しているようです。子供の教育にかかるお金については、あらかじめ親が用意しておくことが望ましい形といえるでしょう。ですが、子供自身が進学を希望しているけれど、親の資金が足りないために、入学金や、授業料が支払えないという事例も多々あります。貯金が無ければ進学できないかと言うと、そうでも無く、国の教育ローンを利用して学資を準備することができます。学資を調達するための色々な手段が揃っていますが、そのうちの1つとして、国の教育ローンがあります。親が、子供の教育費を融資してもらうためのローンであり、日本政策金融公庫が取り扱っている教育を目的としたローンです。借入れ可能金額は最高で350万円で、年利は2%程度の固定金利となっています。ただ、一定の収入以上の家庭は、この教育ローンを利用することができません。子供1人の場合は、世帯収入790万円以下でなければいけません。国の教育ローンの場合、申し込み条件にややこしい箇所がありますが、民間の教育ローンと比較すると低金利で融資を受けることが可能です。借入れの条件はそれ程厳しくない傾向にあるので、信用力がやや劣る人でも利用が可能なのが、国の教育ローンのメリットといえます。教育ローンの手続きを希望する場合、銀行等の金融機関から申し込みを行うことができますので、問い合わせてみるといいでしょう。今では、インターネットのホームページから、教育ローンの申し込みができるようになりましたので、家にいながら必要な手続きを行うことができます。